鹿王院

鹿王院

概要

渡月橋から徒歩12分ほどで、嵐電を利用して嵐電鹿王院駅下車では徒歩4分ほどです。足利義満が1380(康暦2)年に、普明国師を開山として建立した宝幢寺の開山です。応仁の乱で宝幢寺は廃絶し唯一残ったのがこの寺です。多くの重要文化財を所蔵しており、また回廊で結ばれた諸堂の間に枯山水の庭が広がることでも有名で、嵐山の中でも静かに佇んでめる場所です。平時は建物内のみ拝観料が必要だが、紅葉シーズンは境内全域が有料になります。

写真案内

看板

入口

駐車場

嵐電

参拝案内

時間9時~17時
料金400円

アクセス

電車
JR嵯峨野線『嵯峨嵐山』駅下車、徒歩約6分
阪急嵐山線『嵐山』駅下車、徒歩約21分
嵐電嵐山本線『鹿王院』駅下車、徒歩約4分
バス市バス・京都バス『下嵯峨』下車、徒歩約3分

Googleマップ

鹿王院 · 〒616-8367 京都府京都市右京区嵯峨北堀町24
★★★★☆·仏教寺院

イラストマップ

上記のマップは嵐山通船(株)のイラストマップです。

住所

京都市右京区嵯峨北堀町24 

電話番号

075-861-1645

タイトルとURLをコピーしました